今日は日本からのフライトに乗ってらした方とまる忠で食事を
しました。

この時は以前ここでご紹介したSさんとN子さんと一緒で
とても楽しかったフライトです。

Sさんと鈴木さんです。
e0155643_1740384.jpg

笑顔がとてもさわやかな鈴木さん。

この食事会は実はひょんなことがきっかけだったんです。

飛行機がバンクーバーに着いて、一刻も早く家に帰って寝たい私たち。

でも飛行機を降りたゲートのところにカーシートが出てこないと
待ちぼうけになっていたファミリーがいました。

ベビーカーを押し全ての荷物をもつお父さんと赤ちゃんをだっこ
しているお母さん。

Sさんによれば、このお父さん、機内でもとても良く赤ちゃんの
面倒をみていたそうです。

ところがこの後の乗り継ぎを尋ねたところ、お母さんはトロント
お父さんはアメリカというではありませんか!!

????

実は彼らはファミリーではなくて、お父さんだと思った鈴木さん
たまたまこの母子の隣に座っただけだったんです。

それなのに機内でもそして飛行機を降りた後も、見ず知らずの
機内で知り合った方のお手伝いをしていたのです。

それを知った私たち、感激しました!なんて親切な方なんでしょう!

それから話が盛り上がって、バンクーバーでぜひお食事でも、
ということになったのです。

この時のお母さんにも来ていただきたかったのですが、彼女は
トロント在住ということで今回は不参加。 残念!

鈴木さんは以前シアトルにも住んでいらしてバンクーバーにも
何度もいらしたことがあるそうです。

お仕事はスポーツ選手のリハビリなどのトレーナーで
今回も仕事でいらしてるそうです。

忙しい中をわざわざリッチモンドまで来てくださいました。

なんだか人の縁の不思議さを感じます。
いろいろ話をしていたら、私たち4人とも 「水の星座」。

Sさんと鈴木さんがうお座。 N子さんがかに座、そして私は
「さそり座の女」。相性のいい私たち。

仕事の話、日本の話などで盛り上がり、また絶対集まろうね!
と約束してお別れしました。
e0155643_1854959.jpg


以前先輩二人だけ写真を載せて自分のを出さなかったので
今日は出します。
e0155643_17372119.jpg

帰りのフライトなのでとても疲れた顔をしていますが。(修正なしよ。笑)

私たち3人とも10年以上フライトをしていて機内で知り合ったお客様と
お食事するのは初めてです。
また飛行機に乗りなれている鈴木さんも初めてとのこと。

こんなご縁、大切にしたいです。

人気ブログランキングへ
↑を一日一回押して応援していただけるとうれしいです!
[PR]
今日はCマガジンのライター青山さんと会いました。

最初はまる忠でお約束していたのですが、ArkのTakumiさんが
ヘアメイクをしてくださるということで急遽、場所をダウンタウンに変更。

青山さんはカナダに来て8ヶ月。物を書く仕事を目指しておられます。

こんな可愛いかたです。
e0155643_154274.jpg


一生懸命インタビューをしてくださいました。

今回のインタビューでは沢山の方にお世話になりました。

当日メイクをしてくれた方は私の服の色に合わせてシャドウの
色を考えてくれました。

Takumiさんは忙しい合間を縫って私の髪を染めてセットしてくれました。

Tomさんは待ち時間に無料で指圧をしてくれて
「インタビュー、頑張ってください!!」 と私を送り出してくれました。

そしてなんと夫は着ていく服に合わせてネックレスを買ってくれました。

Arkでヘアメイクをして登場した私に青山さんはとても恐縮して言いました。

「掲載される写真は 白黒 なんです。」

何事にも形から入り、そして全力でぶつかる私。(すぐ飽きるけど)
ちょっと力を入れすぎて恥ずかしかったけど、雑誌の発行を
楽しみにしていま~す!!

↓を押してこんな女将を応援していただけるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
[PR]
今日はまる忠の定休日。
先輩Yさんご夫婦とノースバンクーバーのインド料理店に
行ってきました!
e0155643_1821545.jpg

こちらはマリンドライブにある 「Curry Feast」
パキスタン系インド料理だそうです。
小さな一軒家をレストランにした店内は暖炉があったりして
とても暖かい雰囲気。 キッチンも家庭のキッチンを改造した雰囲気。

まずはサモサから。
e0155643_1831262.jpg

パリッと揚がった皮がおいしい! 

そしてカレーを4種類。
e0155643_18431.jpg

右側がベジタリアンで左がチキンです。
ベジタリアンにはポテトや豆が入っていて素朴な味。
とても食べやすかったです。

e0155643_1852251.jpg

右がお店の人のオススメ、ラム肉の料理。ほうれん草がたっぷり
入ってます。
左は海老のカレー。 実は他の料理がまったく辛くなかったので
油断していたら、これはめちゃめちゃ辛かった・・。
でもおいしかったけど。

e0155643_1861834.jpg

そしてナンとご飯。 ナンは普通のとガーリック味があります。
ご飯はとってもいい香り。 胡椒の粒やシナモンスティックなどが一緒に
炊かれています。 

今まで私も夫もインド料理には挑戦したことがなかったけど
結構いける!  また食べてみたい味でした。

そしてスイス帰りの奥様からこんなお土産をいただきました!
e0155643_1894535.jpg

1947年創業のスイスチョコレート 「ステットラー」 の生チョコです。
ジュネーブの石畳と呼ばれるこの生タイプのキューブ型チョコレートは
生産数に限りがあるため現在でも「幻のチョコレート」と呼ばれています。

1954年にはインターナショナルフェアで金賞を受賞。

そしてなんと雅子様が皇太子様にバレンタインデーのときに差し上げた
のがここのチョコレートです。

私は夫にあげる前に自分だけで早速食べてみました。

ん、おいしい!! しまっておこうっと!(笑)

ご飯の後、Yさんのお宅にお邪魔してすごいアンティークコレクションを
見せていただきました。これは後日レポートしますね!

人気ブログランキングへ
↑を一日一回押して応援していただけると嬉しいです!
[PR]
よく知り合いの人から 「機内では立ちっぱなしで疲れるでしょ?」
と気遣っていただきます。

「ええ、そうなんです・・・」 と答えていますが、実は座りっぱなしの
お客様のほうが疲れるのでは? と心配になることがあります。

同じ姿勢をとり続けると血の巡りが悪くなり、エコノミークラス症候群と
いったこわい疾患になる可能性もあります。

これを予防するには水分を沢山とること、その場でも良いので足踏み
などをして血のめぐりをよくすることなどがあります。

私たち乗務員の場合、動き回っているので血の巡りが悪くなる心配は
ありませんが、水分は沢山とるように心がけています。

また機内で履く靴にはやはり気を遣っています。
ほとんどの乗務員が機内サービスが始まる前に今まで履いていた
ヒールの高い靴からローヒールのものに履き替えます。

日本の航空会社と違い、靴の支給はありませんので、各自好きな靴を
購入します。 

私が履いているのはこの靴です。
e0155643_14592027.jpg

ヒールの高さは3センチくらい。
e0155643_14595322.jpg

ぺたんこの靴よりもちょっとだけヒールがあるほうが実は疲れないんですよ。

この靴はメフィストという靴メーカーのものです。
ここの靴は何時間履いていても疲れることがなく快適です!
乗務員にもとても人気があるメーカーです。

この靴はJaelaというモデルです。
メフィストのサイトはコチラから
日本語のサイトにはないモデルで、英語のところに行くとあります。

e0155643_1544941.jpg


ちょっとメディカルシューズみたいで、あまりスタイリッシュでは
ありませんが、沢山歩く営業マンや立ちっぱなしの仕事の方に
オススメですよ!

人気ブログランキングへ
↑を押して女将ブログを応援してください。
[PR]
今日、友人からこんな本を貸してもらいました。
e0155643_17125336.jpg

JALの方が書かれた本です。

この本の中には無理難題をおっしゃるお客様の話や乗務員の
恥ずかしい話などがのっていて、同業としてはとても
興味深くあっというまに読んでしまいました。

さてこの本の中に機内で客室乗務員のことを何と呼ぶのか
という話があります。

「すみません」 とか 「お姉さん」 と呼ぶのが一般的なようです。

ところが 「お姉さん」と呼ばれて 「私はあなたのお姉さんではありません」
と答えたJALの乗務員さんの話がありました。

私の場合、見かけがもはや 「おばさん」になってきているので
「お姉さん」 と呼ばれるのは全然OK、というかとても
うれしいです!

以前日本人男性乗務員が お客様から

「スチュワーデスのおじさん」 とか「男のスチュワーデスさん」 と
呼ばれているのを聞いた時は申し訳ないけど、、、、、、

笑いました!


カナダ人の方の中には飛行機に乗ってきてすぐに私のファーストネームを
尋ね、通路を通るたびに 「M子、お水ちょうだい!」 とか
「M子、新聞もってきて」 と名前を連発するお客様も・・・。

親しみからだと思うのですが、名前を毎回呼ばれるのはちょっと
恥ずかしい・・・。

たまに 知り合いの方から 「まる忠さん」 と呼ばれることもあります。

まだ機内で 「女将さん」 と呼ばれたことはありません。

呼ばないでくださいね。 そんな風に呼ばれると私もつい

「ビーフとチキン、どちらがよろしいですか?」 と聞くところを

「タレと塩、どちらにしましょ?」 なんて聞いてしまうかもしれないから・・・。

なんちゃって・・。

現役のうちは書けないおもしろい話もありますが、それは引退してから
のお楽しみに! (一体いつ?)

e0155643_17322110.jpg


人気ブログランキングへ
↑を押して女将ブログを応援してください。
[PR]