忙しく働いているとお腹もすいてくるし、疲れがたまってきます。
そんな夫とスタッフにおいしい差し入れをするのは女将の
大切な仕事のひとつ。(ほんとは自分が食べたいものを買うだけ)
e0155643_1111060.jpg

今日の差し入れはこれ。
エッグタルトです。
熱いうちにいただくのがおいしい!!
e0155643_11114559.jpg
e0155643_1112310.jpg
e0155643_11121961.jpg

ご近所ではおいしいと評判のまる忠のおとなりParker Placeのすぐ横にある
小さなモールのお店です。
住所は4231 Hazelbridgeway 電話604 273-2983 

そしてお店の備品や道具などのちょっとした買物も女将の仕事。
e0155643_11131089.jpg

こちらはNo3ロードを挟んでまる忠の向かい側にあるAttisonというお店。
レストラン用の道具や食器などを扱っています。
e0155643_11135282.jpg

店内にはところ狭しと食器やキッチン用品が並べられてます。
e0155643_11153254.jpg

人が入れるくらい大きな鍋とか、
e0155643_11154746.jpg

トイレのサインとか、
e0155643_11161529.jpg

木で出来た型とか、(中国のお菓子に使うのかな?)
e0155643_1116291.jpg

おすし屋さんで使う寿司桶も。

業務用のお店ですが、ひとつでも買えますし、家庭で使えるものも
結構あります。
e0155643_11364234.jpg

本日、夫に頼まれたのはこれ。
分厚い手袋、ごっついブラシとタワシ。

何に使うかといいますと、焼肉を焼く網(グリル)を洗う時に使うものです。

おまけはこちら
e0155643_11435963.jpg

今日のおすすめ カルビです! (お~霜ふりだ~)
[PR]
# by maruchu-yakiniku | 2008-11-11 11:50 | まる忠 | Comments(0)
昨日、店で夫が包丁の手入れをしていました。
e0155643_454866.jpg


そこで今日は大切なお肉を切る道具、包丁のはなし。

包丁は石器時代の打製石器をルーツに時代とともに進化してきました。
平安時代になると刃物にも種類が出来て室町時代にはすでに出刃、菜切り、
ふぐ引きなどさまざまな包丁が誕生したそうです。

今では包丁は更に多種になり、料理別に分けられたりまたは左利き用、
刃渡り13cmほどの子供用包丁などもあります。

夫の普段使っている包丁はこれ。
e0155643_4105984.jpg
e0155643_4111561.jpg


堺孝行という銘柄の筋引包丁です。
6年前にカナダに来る際、日本から持ってきた包丁です。
店をオープンしてからは10日にいっぺんほど、上の写真のように研いで大切に
使っています。

私のほうは夫と知り合うまでは年に数回日本とカナダを行き来する両親に包丁を
預け日本で研いできてもらってました。
今では家で使っている包丁も夫に研いでもらってます。便利!
(私がやっても切れるようにならない。なぜだ?)

e0155643_4262467.jpg


この包丁、以前は下の包丁程の幅があったそうです。
研いでいくうちに上のような現在の姿に。
(ということはいつかは無くなってしまうの?)

このまま使いこんでいくともっと細く短くなって更に使いやすくなるそうです。

そして普段のお手入れについて。

 1 使用後は放置せず、すぐに汚れを落とします。
 2 汚れを洗い流したら乾いたふきんで水気をよくふき取ります。
   水分が残っているとさびる原因に。
 3 よく乾かして刃を傷めないように包丁さしに立てておきます。

最後にタイトルの縁結びの包丁とは?

夫とつきあい出したばかりのころ、ちょっとした喧嘩から会わない
時期がありました。 でもうちにこの包丁を置いていった夫。
わざと置いていったのかはわかりません(笑)
大切なものだということは分かっていたので、しぶしぶ連絡をしてあげると取りにやってきました。
そして再会したのが運のつき ご縁で今では私も焼肉屋の女将さん!

普通包丁などの切る道具は結婚のプレゼントなどには良くないと
言われますが、うちの場合は包丁が縁結びになりました!
[PR]
# by maruchu-yakiniku | 2008-11-10 04:46 | まる忠 | Comments(2)
先日、私の憧れの人(女性です!)と彼女のご主人、そして
私達まる忠夫婦でランチにいきました。

私の憧れの人、「かばん持ちさん」はブログの先輩です。
今回ブログを始めることになり、いろいろアドバイスをいただけたらと
ランチにお誘いしたのです。 (それなのにご馳走になってしまいました・・)

彼女のご主人はバンクーバーで不動産業をされています。
実はまる忠も私達の住む家も彼のお世話になっています。
いつもどんなことにも親切に対応してくれて、感激したのは うちが泥棒に
入られたとき、おいしいチョコレートを持ってお見舞いにきてくださった事。
お気遣いありがとうございます!

かばん持ちさんのブログは stessa2.exblog.jp です。
美味しいレストラン、おしゃれなお店情報満載で私は毎朝彼女のブログを
読むのを楽しみにしています。

そのあこがれの先輩からのアドバイス、「女将修行」 頑張りましょう!
ということで今日は私の女将修行についてお話します。

女将修行の中でも一番厳しく過酷なのが(ウソ)
味見
夕方お店に立ち寄ると「今日のおすすめ」なあに?と夫に尋ねます。
お客様にお出しする前に「おすすめ」を味見するのは女将の仕事!(特権)
お~~~~!!今日のおすすめはレバ刺しです!!

e0155643_2135398.jpg

e0155643_2141046.jpg

まる忠の人気メニューのひとつ。
 わざわざ電話で入荷を確認されるお客様もいらっしゃいます。
*「今日のはきれいなピンク色で脂がのってるよ!」(標準語訳)とのこと。

牛のレバー(肝臓)は一頭一頭かなり違うそうです。
今日のはすこし脂肪のついた牛のレバー。
脂がのっているほど、色はうすく甘みがあるそうです。
またもちもちしてるので大阪では一般的に「もちぎも」と呼ばれています。

他のスタッフには「これは修行なんですぅ」と言い訳しつつ、ひとくち頬張ります。
焼肉屋の女将になった幸せをかみしめる一瞬です

(お、おいしい!!) 表向き修行ということなので、神妙な顔で味見を続ける女将。

もともと、私はホルモン系は苦手だったのが今では大好物!

普通、レバ刺しとか臭みがあるんじゃないかな?って思いますよね?
でもまる忠のレバ刺しは本当にフレッシュ。
ごま油につけて食べると口の中に甘みがひろがります。

仕入れと仕込みは必ず自分でする夫。

お肉に関しての知識には驚かされます。 仕入れについて行くとお肉を見ただけで
*「あ~、この部分ね、うん、これならおいしいよ」(標準語訳)とわかります。

そして夕方、お店に立ち寄る女将は「食べてみなければわからない」
と味見をせがむのでした。

明日も頑張ります!! 女将修行!!

*の部分は実際は大阪弁で話したものを訳したものです。
夫が「こんなきざったらしく話してない」と抗議するもので・・

[PR]
帰りの飛行機は4時出発。
モールに居られるのは賞味4時間です。

空港でもらったマップを念入りに読み、行きたい店に
印をつける娘。

こちらのモールは確か北米で最も大きなショッピングモールです。
タクシーの運転手さんは

「僕は行くたびに迷子になるよ。
入った入り口をしっかり覚えておくんだよ。なんせ全部で99箇所の
出入り口があるんだから。」

と教えてくれました。 ほんとかどうかはわかりません。

注目すべきはBC州には入っていない、Abercrombie & Fitchや
Hollister Co.です。どちらも若い人に人気のブランドです。
(もちろん私には似合いません)

e0155643_5261032.jpg


オレンジのフーディーとスリムフィットのデニムです。

e0155643_5292494.jpg

ブーツも欲しかったもののひとつです。

e0155643_5284381.jpg

こちらはSephoraで買ったアイシャドウパレット。
このお店もBC州にもないと思います。

カナダにいながら、まるでアラモアナショッピングセンターのようです。

お昼ごはんを食べる時間を惜しみ、買物にあけくれる母娘。

いまごろ夫は焼肉屋 まる忠の仕込みに追われていると思うと、
(ほんのちょっとだけ)心が痛みます。

しかも今晩はまる忠で以前働いていたMちゃんと食事の予定。
(ほんのちょっとだけ)悪いな~なんて思います。

明日からはちゃんと女将修行に戻ります!

ということで、機内の様子はまた今度。
[PR]
# by maruchu-yakiniku | 2008-11-08 05:41 | 空の仕事 | Comments(2)
娘を連れてエドモントンへ。

本日は[Take kids to work] とかいう日で
子供を親の仕事場に連れていくというプログラムです。

私は今、休職中。 しかし娘のどうしても行きたい!!
という願いを聞いて日帰りエドモントン旅行に行ってきました。

*航空会社に勤めていると飛行機に社員割引のパスを
  使って乗り放題です。 この特典のためだけに
  飛び続けるクルーも沢山います。


といってもエドモントンまで飛んでウエストエドモントンモールで
4時間ほどショッピングして帰ってくるだけ。

結構寝不足の母は娘に「行ったふりだけして
パークロイヤルショッピングモールに行くのはどう?って
聞いてみたけど、娘の顔が悲しそうに曇ったので行く事に決定。
いつも忙しくてあんまり構ってないし・・・。
e0155643_3422242.jpg
e0155643_3425544.jpg


見えますでしょうか? 搭乗案内の電光掲示板の出発時刻。
朝6時25分なんです・・・。 家を出るときは真っ暗でした。

2番目の写真はエドモントンに近づいて日が昇ってきたところです。

e0155643_3502237.jpg


エドモントンの空港からモールまでの景色です。
緑の多いバンクーバーとは違い、枯れ草の草原が続く道。

空港からモールまではタクシーで約60ドル、30分くらい。
またはシャトルバスで片道15ドルです。(エアラインディスカウントではなんと$6でした!)

行きはとりあえず急いでいたのでタクシーを利用しました。
車中、何枚か写真をとると二人とも眠ってしまい、いきなり
モールの中の写真です。
e0155643_3522849.jpg

このモールは確か北米(?)では一番大きいとか。
タクシーの運転手さんも「僕は行くたびに迷子になる」といってました。
そして「男性なら4時間、女性なら6時間くらいショッピングするのに必要」とのこと。
中には上のようなアイスリンク、下の写真の大きな波のでるプールも
あります。

e0155643_3524387.jpg


e0155643_35312.jpg


e0155643_3532540.jpg
e0155643_433697.jpg
e0155643_441549.jpg


そして遊園地にミニゴルフ、海賊船まであります。

とてもとても一回で紹介できる規模ではありません。

ということで中途はんぱですが、今日はここでおしまい。
次回に続きます。
機内の様子やショッピング戦利品などもご紹介します。
[PR]
# by maruchu-yakiniku | 2008-11-07 04:16 | 空の仕事 | Comments(3)