<   2009年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

午前10時40分、ウィニペグ空港に着陸して今日のお仕事は
終了です。

えっ?早いですか?

いえいえ、今日は朝、3時起床。
6時半カルガリー発バンクーバー行きの便に乗務しました。
e0155643_4424859.jpg

朝の出勤風景です。

カルガリーの朝の気温はマイナス。
翼の上は氷が張り付いてます。
まずはこれを溶かしてから出発です。
e0155643_4441712.jpg

ちょっとわかりずらいですが、スプレーをまいて翼についた氷をとかして
いるところです。

バンクーバーで飛行機を乗り換えてさらにウィニペグ便に乗務します。
ウィニペグまでは2時間ちょっと。 あっという間です。
機内でクルー用に用意された朝食をいただきます。
e0155643_449548.jpg


そしてウィニペグ空港に着くと、こんなリムジンが私たちを待ってます。
e0155643_448828.jpg

他の空港ではホテルの乗り合いシャトルバスなどを利用しますが、
ここウィニペグではこのリムジンが使われています。

ちょっとセレブの気分? (笑)

車の中にはシャンパンの用意はなかったけど、テレビや電話もついてます!
空港からホテルまではたった15分くらいだけど、リムジンでの送迎は
うれしいですよね!
e0155643_452334.jpg



そしてリムジンから降りる時は一緒に飛んでる仲間がポーズを
決めてくれました!

とってもやさしいジャニス。
e0155643_45254.jpg


ふざけてポーズをとってくれたパーサーのエリカ。
e0155643_4542934.jpg


そして部屋に入るとキングサイズのふかふかベッド。
e0155643_54830.jpg


これなら今夜もよく眠れそうです!

明日も早起き、3時起きで~す!
エドモントンに寄ってバンクーバーに戻ります。

人気ブログランキングへ
↑を押して応援していただけると更新の励みになります!
[PR]
今日の起床は4時。

朝7時のロサンゼルス便に乗務です。

家を出るころはまっくら・・・。

e0155643_8171434.jpg

出発のころになって明るくなってきました。

今日の機種はエンブレアです。

エンブレアがわが社にきてからまだ数年。
エアバスやボーイングの機種に比べたら馴染みの薄い機種です。

100人乗りくらいの小さな飛行機ですので主に国内線の短時間の
フライトに使われています。

初めてこの機種に乗った時、私の目を引いたのはこれ。
e0155643_8265677.jpg

お化粧室の中にあるこのサインです。
「トイレに座ったまま流さないでください。」  と書いてあります。

流すと言ってもご存知のとおり、飛行機のトイレは吸い込み式。

座っているときに流すと吸い込まれちゃうのかしら、
なんて話しているのを聞いたことがありますが、ほんとの理由は
いまだにわかりません。

もしかしたら本当に吸い込む力が強いので座ったままだと危険なのかも?

実際、吸い込まれそうでこわいと、お化粧室を怖がるお子さんも
多いんですよ。


またこういう吸い込み式のトイレは吸い込む時に実は中から逆に
空気が噴出されて舞い上がると聞いたこともあります。

中から出てくる空気って・・・・。
想像したくないですよね。

まぁ、本当かどうかはわかりませんが・・・・・

で、客室乗務員(私)がお奨めする正しいトイレの使い方はこれです。

e0155643_8343816.jpg

そう、使用後に流す際は蓋をしめてから、フラッシュする。

家でもトイレの蓋をきちんと閉めておくと金運がよくなると
いいますよね?

機内ではどうかわかりませんが、(笑)、舞い上がったものを
吸い込みたくなければ、蓋を閉めることをおすすめしま~す!

今日はロスの後、カルガリーのフライトに乗務してここで一泊します。

カルガリーはマイナス5度。 雪もかなり残ってます。
e0155643_858219.jpg


明日はバンクーバー時間3時起床でバンクーバー、ウィニペグ便です。

それでは皆さん、また明日!

⬇をクリックしてこのブログを応援してください!
 
ブログランキングに参加しています。⬇をクリックしてこのブログを応援してください!↓ 

旅行・観光 ブログランキングへ

↓ フェイスブックでもローフード情報をアップしています。
  「いいね!」を押していただけるとうれしいです。
https://www.facebook.com/FountainOfAmrita?ref=hl
[PR]
昨日は久しぶりにガスタウンに行ってきました。
e0155643_5445266.jpg

学生の頃はよく来ていたガスタウンに来たのは何年ぶりでしょうか?

ガスタウンはバンクーバー発祥の地。

石畳の通りには芸術家の工房や先住民のギャラリーが並んでいます。

また有名な 蒸気時計は今も健在。
e0155643_5465997.jpg

ちょうど12時の合図がなったところです。

さて今日は私はご招待を受けてスパのトリートメントにやってきました。

私をご招待してくれた方はたまみさん。
e0155643_548356.jpg

まる忠のお客様です。

初めてお会いしたとき、私が焼肉のロースターをごしごし洗っていると、
「大変なんですね・・」と声を掛けてくれました。

そして「いつもこんなに大変なら、すこしはリラックスできると思うので・・・」
とスパのトリートメントにご招待してくれたんです!!

本当に心の優しいたまみさん。 実は優しいだけでなく学校でもトップの
成績をキープしている努力家です。

そう、たまみさんはJohn Casabancas Institute の学生さんです。

ガスタウンにあるこの学校はフェイシャル、ネイル、ヘアケア、モデル科をもつ
総合美容学校です。

e0155643_5552100.jpg

今日はここ、ネイルとスパの学校内のサロンでトリートメントを受けます。
e0155643_557893.jpg

お昼ということもあり、中にはほとんど学生さんはいません
でしたが、あたりを歩く若い方は皆さん、オシャレでとても綺麗です。

e0155643_604569.jpg

カーテンで仕切られたトリートメント用ベッド。

ベッドの上に置かれているブルーのものは使い捨て下着です。
これに着替えてベッドで待ちます。 わくわく!

今日のメニューはBody wrap とミニフェイシャル。

足、腕、背中のスクラブをして、保湿クリームをつけてラップします。
待ち時間にはフェイシャルも体験。

途中、気持ちよくて眠ってしまいました・・。

最後にさらに保湿をしてくれて、つるつる、ぴかぴかの
私の手足。

最後はこちらで使っているドクターコスメまでお土産にいただいて
帰ってきました。
e0155643_643857.jpg

これはRiversol という皮膚科のお医者様が開発したプロダクトです。

今日は何よりもたまみさんの優しい心が私を癒してくれました!!
たまみさん、ほんとにありがとう!!

さてこちらの学校、格安のお値段で一般のお客様の予約も受け付けて
います。 

例えば、 私の体験したBody wrap はなんと27ドル。
フルボディマッサージ 25ドル、ストーンマッサージ30ドル
フルフェイシャル27ドル などなど。
この他にもネイル、ワックス、メーク、ハンドケアなどのサービスも
ありますので、学生さんのトリートメントでも構わなければ、
かなりお得です!

John Casablancas Institute
150-220 Cambie St.
Vancouver bc

tel: (604) 688-0328
ウエブサイトはこちらから

人気ブログランキングへ
↑を押して応援していただけると励みになります!

明日からはロサンジェルス、カルガリー、ウィニペグ、3日間のフライトです。
朝、早いので明日の更新は午後になりま~す。

       
[PR]
オープンと同時に一人で焼肉を食べている人を発見!!
e0155643_1140042.jpg

一人焼肉がさまになっているこの美女は?(ウソ!!) 

はい、私です・・。

フライトから帰ってきてちょっとお疲れぎみの私に夫が焼肉を
すすめてくれました! (ラッキー!)

まずは元気がでるように、レバさし。
e0155643_11415283.jpg

タレはごま油に塩が定番ですが、にんにく醤油もおいしいの。

そして次々テーブルに運ばれてくるお肉。
e0155643_11432874.jpg
e0155643_11434050.jpg

今日は新鮮なハツも入ってます!
e0155643_11435120.jpg


そして締めはこれ。
e0155643_11443119.jpg

Aちゃんのつくる ビビンメン。

あー、元気出てきた。
e0155643_11461534.jpg

まる忠の前の桜並木のつぼみも花が咲き始めました。

明るい時間なら焼肉を食べながらお花見も楽しめます!

ご予約の際は早めの時間の窓際の席がオススメです。

人気ブログランキングへ
↑クリックして応援していただけると励みになります。

今日は2回目の更新です。↓も読んでくださいね!
[PR]
昨日はモントリオール経由でバンクーバーに戻ってきました。

今回は毎日、毎フライト、違うグループに一人で入っての仕事
でしたが、どのフライトも楽しく仕事ができました。

初日に一緒だったCさん(カナダ人)は7月が出産予定の
妊婦さん。 お腹も大きくなっていますが、ぎりぎりまで
飛び続けると張り切ってます。

ちなみに制服にはちゃんとマタニティウェアがあるんですよ!

そして2日目に一緒だったパーサーのMさん。(男性)
フライト続きで 「彼氏としばらく会ってないの・・」 とこぼしてました。

昨日一緒だったSちゃん。
とってもキュートなフレンチカナディアン。

地上でトイレが流れない状態だった時、
トイレに入ろうとするお客様に 「No1? Or No2?」 と
真面目に尋ねてました。(笑)

ナンバー1、ナンバー2 というのはトイレで用を足す際の
大か小かをあらわしています。


彼女の感覚だとナンバー1ならしていいけど、ナンバー2は
今はしないで・・ということらしい。


こんな時、英語はほんと簡単でいいなぁと思います。

日本の航空会社ならこんな時、なんてお客様に聞くんでしょう?

「お客様、お化粧室での御用は大便でございますか? 小・・・・・・・・・?」
とやはり言葉は丁寧だけど、はっきりきっぱりと尋ねるのでしょうか・・

朝から話が下のほうに行ってしまってすみません・・。

気を取り直して! 今日は機内で楽しめるお飲み物をご紹介します。

こちらは飲み物のカートです。
e0155643_0562496.jpg

このカートにはドリンクサービスに必要なものすべてが搭載されてます。

開けるとこんな風に引き出しが入っていて、中には飲み物が詰められてます。
e0155643_056329.jpg


このカート、かなりの重さなので通常は2人で押して移動させます。

こちらはわが社で扱っている炭酸飲料!
e0155643_05973.jpg

そしてジュースは、オレンジ、りんご、トマト、クラマトがあります。
e0155643_0594492.jpg


そしてお酒は・・
e0155643_101188.jpg

赤ワイン、白ワイン、ビールはカナディアン、ハイネケン、クアーズライトを
ご用意しています。

日本便だとこの他に、アサヒのスーパードライ、日本酒も載ってます。

そして日本人のお客様がお好きなのが、ウイスキーの水割り。

意外と知られていませんが、ウィスキー以外にもウォッカ、ラム、ジン
などもご用意しています。

なのでジントニックやオレンジジュースのウォッカ割りなども楽しめるんですよ!

ドリンクサービスの時、「お飲み物はいかがでしょうか?」とお声をかけると

「何があるんですか?」 とよく聞かれます。 

「はい、コーヒー、紅茶、日本茶、オレンジジュース、りんごジュース、トマト・・・
炭酸類はコーク、ジンジャーエール、・・・・・」と
ひとつひとつ、飲み物をお答えした後、お隣のお客様に飲み物を尋ねると、

「何があるんですか?」 とまた聞かれることがあります。

仕事ですから何度でもお答えします・・・。

でもでも・・・今さっき言ったばかりじゃないですか!

聞いてなかったのかしら・・・、いや聞こえなかったのかも?

そんな訳で客室乗務員、お客様の質問にお答えする際、ついつい
まわりの方にも聞こえるよう、大きな声になってしまいます。(笑)
(私だけ?)

近々、飛行機に乗る予定のある方はぜひ上記を参考にしていただけると
助かりま~す! 

人気ブログランキングへ
↑を押して応援していただけると励みになります。
[PR]
おはようございます。

バンクーバーは今11時。
今日の出発は現地時間午後4時なので目覚ましをかけずに
寝たら、9時間も眠ってしまいました。

さて今日はこれからモントリオールに寄ってからバンクーバーへ
もどります。

先日ホテルの部屋に入ったらすることを書きましたので
今日は部屋を出る前にすることについて書いてみます。

家では結構だらしない私ですが、実はホテルの部屋を出る前は
とても気をつかってます。

使ったものはすべて元の位置に戻し、ごみをまとめ、ベッドも
軽く直しておきます。

使ったタオルは浴槽の中にまとめておきます。

それから必ず靴を磨きます。

ジンクスというか、気持ちの問題だと思うのですが、こうして
出かけるとその日の仕事もスムーズな気がします。

逆に家を出る時はちょっとだけ家事を残して出てきます。

それは「心残りがない」と何かあったときに、そのまま
家に帰れなくなってしまいそうだから・・・。

まぁ、ゲンかつぎというんでしょうか?

さて、もうすぐチェックアウト。

靴を磨いて、忘れ物がないか確認します。

それでは皆さんもよい一日を!

人気ブログランキングへ
↑応援クリックありがとうございます!
[PR]
今日はホームベースを離れてあのブラックホール、トロントにて
なんとか吸い込まれないようにフライトをこなす客室乗務員の
一日を書いてみます。              ↑私のこと

今回のフライトは3日間の予定で出発しました。

通常は同じベースの人と3日間一緒に同じスケジュールで飛びますが
今回の私のように一人で毎日違うベースのグループに 入って
飛ぶこともめずらしくありません。

今日はトロント空港を現地時間14時半に出発。
ハリファックスに向かいます。

グループで飛んでいればホテルのピックアップの時間なども
お互いに確認できますが、そう、私は一人なんです。

ホテルの人にシャトルバスの時間を確認して自分でピックアップ
の時間を計算します。(出発の1時間半前)

トロント空港はとても近代的で新しい空港です。
e0155643_124692.jpg

私以外はトロントベースの乗務員です。
その中に一人トロントベースの日本人の方が一緒でちょっと
安心。 やっぱり日本語が通じるのはうれしい!

私たちの場合、毎回違うクルーと飛びますので、初めて会った人
にもすぐ自己紹介をして協力して仕事ができるように
コミュニケーションをする努力はかかせません。

ハリファックスまでは2時間。
せっかく仲良くなったクルーとはお別れです。

彼らはホテルへ。
私は2時間後のフライトでまたトロントに戻ります。

ちょっと時間があるのでハリファックス空港をぶらぶら。
e0155643_1251795.jpg

ハリファックスにはまだ雪が残っています。

そしてハリファックスといえば、これです。
e0155643_1252297.jpg

ロブスター。 空港で買えるんですよ。 
もちろん生きてます! 
お値段はバンクーバーで買うより、ちょっとお得な感じです。

さて2本目のフライトもトロントベースのクルーと一緒。
そしてパイロットはモントリオール、ベースです。

機長にあいさつをすると、すかさず私の手をとって
キスをする真似をします。 笑
フレンチカナディアンの方はこういうこともスマートに決まります。

帰りは機内食をいただきました。
e0155643_12574188.jpg

メニューを見てないのでよくわかりませんが(笑) 魚のディッシュとサラダです。

朝は自分で持ってきたフルーツ、お昼はサンドイッチを食べました。

夫が作るまる忠のまかないが恋しいです!!(笑)

そして最後に私の泊まっているホテルの部屋がおもしろいのでご紹介します。

部屋には2つベッドがあるんですが・・・・
e0155643_1371173.jpg

なんと背中合わせなんです。
そしてそれぞれ壁にテレビがあるので、同じ部屋で違う向きに
寝て別々のテレビ番組が見られるようになってます。

今までこんなホテルの部屋はみたことないです。
まるで家庭内別居夫婦用?

もしかしてそのうち、他のクルーとホテルの部屋をシェアするように
なるのでは?なんてうわさも・・・。

さぁ、明日はモントリオール、そしてバンクーバーへ戻ります。
ホテルでの生活は楽だけど、やっぱり早く家に帰りたい!

いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ
[PR]
お疲れ様です! (また自分に言っている 笑)

ただいまバンクーバー時間夜11時です。

さてちょっと前にホテルにチェックイン、そして部屋に入った
のですが、まず私が最初にすること・・・・

それは部屋に誰もいないか、確認すること です。

と、いうのも以前ロスのホテルの部屋に入っていったら
なんと、なんと、もうすでにどなたかが寝ていたんです!!

向こうもびっくりしてましたが、私もホントにびっくりしました!

ホテルの人が間違えてすでに使われている部屋を私にくれた
らしい。

もちろんこんなこと滅多にないのですが、それ以来必ずバスルームや
クローゼットの中まで確認するのが習慣に。

そして新人のころはドアにある覗き穴?にティッシュを詰めてました。

その理由は同僚からドアの外から部屋の中が鮮明に見える道具が
あると聞いたからです。

ホントかな?

まぁ、最近じゃ見られても構わない、なんて思うようになってしまいました。
(というか誰も覗きたくないと思う・・・)

そう、まず最初にするのはこの2点。

そして日本のホテルでしたことがあるのは・・・

ホテルの部屋って額に入った絵が飾られてますよね。

友人から何かあった部屋には絵の裏に御札が貼られて
いるというのを聞いて、こわくて確認してたことがありました。

ところがその話を他のクルーにしたら、おもしろい話を教えてくれたん
です。

やはり同じように御札が気になって額の裏をのぞいたら・・・
なんとエロ本を見つけてしまったそうです。

たぶん毎週同じホテルの同じ部屋に泊まるエアライン関係者が
家に持って帰れないのでホテルの部屋に隠してるのでは?
ということです。

そう、御札も気になりますが、エロ本も気になりますね!(笑)

こうして部屋のチェックをしてからやっとスーツケースを開けて
シャワーを浴びて着替えます。

明日は午後の出発なので寝坊ができる!

でも早い出発のときはすぐベッドに入って寝ちゃいます。

なんせ短い時はホテルに入ってからチェックアウトまで9時間くらい
しかないんです。

寝坊しないように、自分の目覚ましもセットして、

おやすみなさ~い!!

人気ブログランキングへ

↑応援クリックありがとうございます。
[PR]
今日はこれからブラックホールと呼ばれるトロントへ。

そして明日はハリファックス、モントリオールを回って木曜日に
バンクーバーへ戻ってくる予定です。

本日トロント到着は深夜1時なので、ちょっと遅くなりますが、
後ほど改めて更新します。

内容は客室乗務員シリーズ、

「ホテルにチェックインしたら・・」 
の予定で~す。

また後で覗いてみてください!

人気ブログランキングへ
↑応援クリックお願いします。
[PR]
私の大好物のひとつに堂島ロールというのがあります。

以前、大阪のフライトがあった時はホテルから徒歩15分くらいの
「Mon chou chou 」本店に行き、長蛇の列の最後尾に並んだものです。

モン シュシュのホームページはこちらから。

このお店は夫のお姉さんから教えてもらって一緒に並んだことも
あります。 初めて食べた時のあの感激!!忘れられません。

カナダで味わうデザートもおいしいけど、濃厚でケーキなら半分くらい
がちょうどいい感じ。 そんなデザートに慣れている私にはこの堂島ロール
の軽さと繊細な生クリームの味がとても新鮮でした!

あー、堂島ロールが食べたい・・・。

そんな私の耳に 「おいしいロールケーキがある」 というニュースが!!

そのお店はどうやら家から10分のリッチモンドショッピングセンターに
あると聞いて、駆けつけました。

e0155643_643173.jpg

私はここをふつーにリッチモンドセンターと呼んでいますが、
娘をはじめティーンエイジャーは 「R C (アール シー) 」と
呼んでいます。 なにやらそっちの方がかっこいい感じ?

お目当てのお店はこちら。
e0155643_6455969.jpg

Maxim’s という中国系のベーカリーです。

ソーセージが入った調理パンもおいしそう!
e0155643_647746.jpg


あっ!お目当てのロールを発見!
e0155643_648488.jpg

チェスナッツロールです。 

早速 家に帰っていただきま~す。
e0155643_6482085.jpg

中にはマロンクリームと生クリームがたっぷり。
そしてロールのスポンジもふかふか。

クリームもロールも甘すぎず、とっても食べやすい。

実はこのチェスナッツロール、お店のスタッフK子さんが差し入れに
持ってきてくださったものです。

そして夫の最近の中では大ヒットのスイーツ。
この日も私の帰りをコーヒーを淹れて待ってました!(笑)

日本の方は堂島ロールを! バンクーバーの方はこのチェスナッツロールを!
ぜひお試しくださ~い!!

e0155643_653049.jpgMaxim’s
Chinatown store
257 Keefer ST
Vancouver bc

Burnaby Store
161-4800 Kingsway



Vancouver East Store
516-5613 Victoria Drive

Surrey Store
152-10153 King George Hwy

Coquitlam Store
1136-1163 Pinetree Centre

明日から仕事です。 すでに行き先がわかっているので
スーツケースの中身も準備万端! 


人気ブログランキングへ
毎日応援ありがとうございます!
[PR]