カテゴリ:不思議な話( 2 )

いや〜、びっくりしました!

実は2年ぶりぐらいにサイキックのサンドラさんにお会いしたのですが、会うなり驚くことを言われたのです。

「あなたサイキックのエネルギー強くなってきているわね。 他人が心の中で考えていることとかわかるでしょ。 それと自分が知らないはずのことをわかったりとか」

確かに以前から言葉ではなく他人の感情やそのエネルギーを感じ取る能力がある(こういう人をエンパスというらしい)ことはわかっていたけれど最近自分に起こっていることをぴたりと当てられてびっくりしたのです。

それはくコグニザンスという能力があること。 知らないはずのことを知っていたり、突然ひらめいたことが確信のある正しい情報だとわかったりする力なんですが、実は最近自分でもあれ? と思うことが多くなっていたんです。

最初に意識したのは算命学の鑑定セッションをしている時に算命学の知識とは別の次元から相談者に伝えるべきことがあるのが自分ではっきりわかった時です。

相談者を目の前にしている時にわかる時もあれば、セッションが終わって別れた後に鮮明に浮かんでくる時もあります。 そういう場合には帰宅後に私のほうからメールでお伝えすることもありました。

そんなことが何度もあって、最近では鑑定以外の日常でも「確信をもった情報」がはっきりと自分の中に現れることが増えていたんです。

ただサイキックという認識はなくて「ラッキーな思いつき?」  みたいな感じだったんですが。(笑)

サンドラさん曰く、 私は鑑定している時に相手に映像を送らせて読み取っているらしい、、。  

「でも勝手に相手の心の中を覗いてはだめよ。 私はプロとして向かい会った人の許可を得てからしかリーディングをしないの。 あなたもきっとそうだと思うけど」

うーん、私は意識してなかったので勝手にみてたこともあったのかも??  もちろん算命学の鑑定セッションの場合は「見てください」 とお願いされてお会いしているので大丈夫だったと思いますが。

今、心を読むテレパシー能力がどんどん強くなってきているので小さなことにもよく気がつく、日常生活でも細かいところが気になるでしょ? とも言われてそれも納得でした。

で、サンドラさんから今後勉強するといい、とあるものを勧められました。彼女自身もそれを学んで使っているそうです。聞いたところ結構難しそうなんですが、的確にいろんなことがわかるようになるとか。
さらに来年の私はそれを一生懸命勉強しているところが見えるといいます。(苦笑)

おもしろいのが算命学でも来年の私は勉強にぴったりの年。 不思議と重なり合うのが面白い!

 彼女から手を握られた時に今回初めて心の中を感じ取ることができたのが自分でも驚きでした。
算命学を始めてからサイキックにはまったく興味がなかったのですが、今回サンドラさんに会うということも自分の中ではわかっていたように思えます。

サイキック能力は誰もが持っているそうですが、強さや種類がいろいろあるみたいですね。
霊視や霊聴の能力だと見えたり聞こえたりするそうなので私は遠慮しておきたい、、。 毎回フライトでホテルに泊まる身としては何も見たくないんです!! 

そういえば、、ホテルで寝ていて肩を叩かれて起こされたことが3回ほどあります。 あれは一体?? 



算命学鑑定セッションはバンクーバー、日本各地で行っております。
鑑定セッションをオーガナイズしていただける場合は日本はもちろん世界各国どこにでも♪
飛行機に乗ってビューンと行っちゃいます。

12月は東京、名古屋での鑑定セッションを予定しています。

詳しい内容についてはホームページをご覧ください。  
算命学鑑定ホームページご予約&ご相談は  miwamio@shaw.ca まで

*****************************************             
ブログランキングに参加しています。⬇をクリックしてこのブログを応援してください!↓ 

旅行・観光 ブログランキングへ

算命学の鑑定依頼は miwamio@shaw.caまで。

[PR]
時々、友人との間で話題になるあるもの。

それを私はどうしても見てみたい。

しかしある友人は 「あれは選ばれた人だけが見ることができる」
と言ってました。

そのあるものとは・・・・

UFO、未確認飛行物体 です。

信じる人もいるし、ま~ったく信じない人もいると思います。

私はその中間みたいなもの・・・。なぜかというと見たことないから。

でもミーハーな性格の私、一度は見てみたい!(笑)

よく写真やビデオにUFOの画像があるけど、正直トリック写真とか
合成写真に見えないこともない・・・・。

皆さん、こんな事件覚えていますか?

「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」


事件の概要は・・・

1986年11月17日、パリ発パンカレッジ経由東京行きJL1628便、
日本航空ボーイング747貨物機が、アメリカアラスカ州のフェアバンクス上空
の高度約10,000メートルを飛行中に、両端にライトを点滅させた巨大な
母船型UFOに遭遇した。

同機の寺内機長によると、UFOは巨大な球形で、1時間弱の間、旋回して
逃れようとした同機と併走するように移動し、機内の気象レーダーにも
はっきりと写ったが、なぜか雲のような透明状のものとしてレーダー上では
写っていた。

アンカレッジ着陸後、アメリカ連邦航空局によって機長の事情聴取が
行われ、機長については酩酊などの可能性はないことが報告されている。

しかし、共同通信の取材に対して副操縦士は「灯火は見え、機長が何かを
見て騒いでいるのはわかったが、機長の言う土星型UFOは見えなかった」
と証言している。   (Wikipediaより)

以前、留学していたアリゾナやアラスカ上空は目撃情報も多いらしいですが
どうなんでしょう?

新人のころ、夜間のフライトの時、外を眺めていたら、
真っ暗闇の中、機体のすぐ横に点滅する光がずーっと
ついてくるので不思議に思ったことがありました。

もしかしてUFO? と胸が高鳴ります。

夜が明けて少し明るくなったころ、もう一度見てみると
それは自分が乗っている飛行機の翼のライトだということが判明 (笑)

がっくり・・・

実は私、パイロットに直接聞いたことがあります。

「あの~、UFOとかって見たことありますか? 
 友達が見たことあるって言うんですが・・・・」

パイロットは笑って、「君の友達、大丈夫? 」

そういって機長も副操縦士も笑ったのに・・・・・・

その後にこんなこと言うんです・・・。

機長は

「UFOは見たことないけど・・・以前自分の機体のまわりを何かが
すごいスピードでぐるぐるまわっているのを見たことがある。でも
レーダーには何もなかったんだ」

そして副操縦士は

「前からくる飛行機だと思った物体が近づいてみると大きな
紫色の光で急に自分の機体の下に飛び込んでいった」

え~~~っ!!! 

それってUFOじゃないんですかっ???

移動中のバスの中での話だったので、ここでホテルに着いて
話が終わってしまったのですが、とりあえず二人とも
ちょっと不思議な体験をしたことはあるそうです。

と言う訳で まる忠の好奇心いっぱいスタッフ。
来週の火曜日、スタッフパーティーをした後、みんなでUFO
観測をしよう!ということに。

私もカメラ持って行ってきます!
水曜日の更新、楽しみにしててくださいね!

人気ブログランキングへ
↑を毎日押して応援していただけると励みになります。
[PR]