カテゴリ:空の仕事( 229 )

昨日、このブログで 「行ってきま~す」と書いた1時間半後、
私は空港に到着。
e0155643_12552497.jpg

昨夜、私が乗務した夜10時30分発のカルガリー行きの飛行機です。
以前、エドモントンに行った時と同じ型、「エンブレア」です。

パイロットが操縦できる飛行機は一種類だけですが、フライトアテンダントは
会社の持っている飛行機は大きいのから小さいのまで
どれでも乗務します。

e0155643_12582374.jpg

今日は満席とのこと。こんなにがら~んとしていても、お客様が乗り込むと
この季節、コートやクリスマスプレゼントなどで荷物をいれる場所が不足します。

カルガリーまでは片道約1時間ほど。あっという間です。
昨日はスノーストームで大混乱だったカルガリー。
今日もマイナス4度、雪が降ってます。
e0155643_1310067.jpg

到着時、現地時間夜中の12時半のカルガリー空港。
この後、ホテル行きのバスを外で待つ事、30分・・・・・。
さ、さむい・・・。
そして暖房をつけてもホテルの部屋の温度、上がりません・・・。
e0155643_13123791.jpg

足湯をしてもなんだか、寒い・・。
そんな時はこれ。「シルクの靴下」を履いて寝ます。
e0155643_13142014.jpg

これは寝る時用なのでゴムが入ってないし、シルクなので
さらっとしてて履いてるという感覚はありません。

飛び始めたころは、フライトの荷物を減らすことばかり考えていた私。
今はいかに家と同じように快適に過ごせるかが重要になってきました。

そんな訳で小さなスーツケースにいろいろ詰め込んでしまいます。

e0155643_13204997.jpg

朝はやっぱり家と同じコーヒーが飲みたいし、
e0155643_13215290.jpg

朝の楽しみ、「カバン持ちさんのブログ」も読みたい(笑)ので
パソコンも持参。

ホテルの外の風景です。
e0155643_13352849.jpg

すでに雪景色。 きれいです。(寒いけど)

最後に私のカルガリーでの楽しみをご紹介します。
カルガリー国際空港のAゲートにあるクッキー屋さんです。
e0155643_13383694.jpg

Felix and Nortonです。 モントリオールやケベックの方には
沢山ありますが、BC州ではお店は見かけてもクッキーは置いてません。
唯一西部であるのはここ、カルガリー空港内。
e0155643_13401712.jpg

ここのクッキーはソフトでしっとりしたタイプです。
飛行機に持ち込んでオーブンでちょっと暖めて食べたりするのも
おいしい!!

e0155643_13412333.jpg

私はお腹空いてたんで、買ってすぐゲートでこっそり食べちゃいました!
ちなみにこれは「チョコレートチャンク」というクッキーです。

カルガリー空港に行かれた方はぜひお試しください。
Felix and Nortonの詳しい情報はコチラからどうぞ。

ブログランキングに参加しました!
よろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけるとうれしいです!
[PR]
今日もリザーブ、家で待機中です。

今朝、9時ごろ会社から電話があり、「11時から空港待機」
を命じられた女将。

「えっ?昨日も空港待機だったんだけど・・・。」とぼそっと
言うと、

「あっ、そうなの? じゃぁ、いいや」 とあっさり解放してくれました。

じゃあ、何故電話してきたのか?スケジュール確認してからかけてこないのか?

まぁ、疑問は残りますが、とりあえず空港待機から逃れられて良かった!

と言うわけで引き続きバンクーバー国際空港の国際線ターミナル情報に
ついて書いてみます。

国際線出発ロビーにはフードコートやお土産屋さんが並びます。

その中のひとつ「Vancouver Marketplace」に売っているおみやげ
をご紹介します。

このお店は有名なThomas Haasのチョコレートやオーガニック
のコーヒー、また高級食料品店 Meinhardsの商品を置いています。
e0155643_1242253.jpg


e0155643_12312999.jpg

上の丸い缶の中身はチョコレートです。
缶はこのままクリスマスツリーのオーナメントになるそうです。
写真ではよく撮れてないけど、缶に書かれている絵が
かわいい!

こちらはワインゼリーです。
e0155643_12444373.jpg

その中でもおいしそうなのが、こちら。
e0155643_12451195.jpg

トーストに塗って食べたり・・・と書かれているので、ゼリーと書いてあるけど
ジャムのように食べるもの(らしい)です。 (自分は食べた事ない・・)
e0155643_1249933.jpg

Thomas Haasのチョコレートは数種類置いてますが、
この抹茶味、おいしそう・・・・。

e0155643_1250929.jpg

気軽なおみやげなら、メープルキャラメルなんていうのも
いいですね。

ここで見ていると、お土産でなく自分用に買って帰りたくなります。

さて、フードコートでのオススメはこちら。
e0155643_1255177.jpg

フードコートに向かって右端のお店 「Flying Wedge」 です。

このお店、ピザ屋さんなんですが、クルーが必ず買うのがこれ。
e0155643_12584753.jpg

サラダです。 機内では野菜を充分取れないのでこれを機内に
持ち込むクルーは沢山います。

もう少しで書き終えるところなのに・・・。
たった今、会社から電話があって、今晩のフライトが入りました。
明日には戻ります。

それでは行ってきま~す!
[PR]
今日のおまけ。

以前、フライトに持って行く物を紹介しましたが、

こんな物も持って行きます。

e0155643_13504262.jpg

バナナを入れるケースです。

中はこんな感じ。
e0155643_13511461.jpg


バナナは栄養もあってなんと言っても食べやすい!
機内やホテルでちょっとお腹がすいた時、
さっと食べられます。

でもそのまま、バッグにいれておくとつぶれてしまうし、
バナナのにおいがバッグの中についてしまいます。

で、このケースを見つけてから愛用してます。

でもこのケースに合うバナナを見つけるのに
苦労してます・・・。(笑)

どんなバナナでも入るわけじゃないんです・・・・・・・。
[PR]
4時間のエアポートスタンバイを終え、無事帰ってきました。
本当は空港近くの会社のオペレーションセンターで待機する
のですが、退屈なので空港に来てしまいました!
(もちろんいつでも連絡を受けられるよう携帯電話を持ってま~す。)

日本の皆さんは国際線ターミナルを利用されることが
多いと思うのですが、国内線ターミナル一階は狭いながらも
お店がいろいろあるんですよ!
ご紹介しますね。

e0155643_1242253.jpg

結構いろいろ売っているドラッグストア、Phamasave.(上)
こちらはグリーティングカードやちょっとした化粧品なども充実してます。

スパもあります。(↓)
e0155643_12152568.jpg

このスパの向かって左端はかばんや靴の修理屋さん、その隣が
ドライクリーニング、向かって右にはセブンイレブンがあります。 
リカーショップもあるので、ワインをおみやげにしたいなんて時はここで
調達できます。
e0155643_12181468.jpg

またクリニックと歯医者さんも入ってます。
実は空港に来た理由はクリニックにも行きたかったから。ここでお医者さんの
処方箋をいただくためです。
e0155643_12262163.jpg

これはサポートストッキング。乗務員の必需品です。
これを履くと足の疲れ方が大分違いますが、お値段もはります。
これは安いほうで一足43ドル。オーダーメードで作ってもらうと
一足140ドルくらい。 
会社の保険で年間4足までカバーしてくれます。
その為の処方箋をもらいに来たのです。
待機中にいろいろ用事を済まそうとする私。(普段、忙しいもんで・・・。)

さて、用事を済ませて2階国内線出発ロビーに行ってみます。
e0155643_123767.jpg

最近、空港で目立っているのは、オリンピックのお店。
2010年バンクーバー五輪の関連商品を買うことができます。
e0155643_12394815.jpg

五輪マスコットの商品です。 カワイイ!!
e0155643_12405598.jpg

五輪マスコットのクワッチ。(↑)
こちらはスミ。↓
e0155643_12471883.jpg

そしてミガ。
e0155643_12483438.jpg

この3匹?のマスコットに加え新たに4番目のマスコットマックマックの
商品も近々発売されるそうです。
e0155643_12543327.jpg

ヌイグルミのセットもあります。子供のお土産に良さそうですね!

この後、国際線ターミナルに移動してランチを食べ、
さらにお土産屋さんをぶらぶら。
そしてオペレーションセンターに戻って、ちょっとしたペーパーワーク
(同僚へのクリスマスカードを書く)をしたら、あっという間に
4時間が過ぎました。

結構、楽しかったかも。 

バンクーバー国際空港はカナダ全国の空港の中でも
一番きれいで充実してると思います。

もちろんホームベースの空港だからかもしれませんが、
暖かい雰囲気のある空港です。

次回、国際線ターミナルもご紹介しますね!
[PR]
今日はずっと先延ばしのしていたエドモントン旅行のおまけ。

本当は今日、友人とランチに行ったので
その話題をと思っていたのですが、カメラの電池がなくなって
いて写真をとることが出来ませんでした・・・。 (残念)

その代わりに先日の旅行の時に撮った写真を紹介します!
e0155643_14185154.jpg

これは帰りの飛行機エアバス319型機の座席についている個人用モニター。

他の航空会社ではすでに普通になっている個人用モニター。
エアカナダでは最近普及してきました・・。
そしてまだついてない機種もあります。

個別に映画が見られるのは良いのですが、説明がすべて英語なのと
日本語の吹き替えがある映画が限られているので
英語のわからないお客様には使いづらいのでは?

更に画面を何度も触っていると、画面が固まるフリーズ状態に
なってしまうこともよくあります・・・。
そんな時は乗務員に頼むとリセットしてくれます!
e0155643_1426347.jpg

座席に着いたら、まずは「安全のしおり」を確認します。 (一応)
いろいろ書かれてますが、とりあえず非常口の確認は最低限して
おきましょう!!
e0155643_14301025.jpg

よ~く、見ていただくと分かると思いますが、緊急着陸と着水では
脱出口が異なります。
陸の場合はどの非常口から脱出しても構いませんが(もちろん場合による)
海などの場合はラフト(ボート)のついている非常口から出ないと
写真のつばさの上にいる人達のように自力でボートまで泳がなければ
なりません。 (たとえ泳ぎに自信があってもいやですよね)
e0155643_144036.jpg

そしてこちらが窓型非常口。翼の上の出られます。
緊急時には近くに座っているお客様に開けていただくことに
なっています。もちろんフライト前に「いつ、どうやって」開けるかを
説明します。

e0155643_14322958.jpg

こちらは救命胴衣の説明。

現在はほとんど全ての機種においてビデオにて説明をしていますが、
たまにビデオの故障の場合、乗務員がライブデモをすることが
あります。

昔は新人が入ってくるとデモ用の救命胴衣を本物とすり替えて
お客様の前で膨らませてしまうというようなイタズラがあったそうです。

私の友人がされたイタズラはデモ用(大人用)の救命胴衣が赤ちゃん用に
替わっていたというもの。
デモの最中に頭からかぶろうとしたら頭が入らない・・・・。
あせって頭に押し付けたり、引っ張っても入らない・・・。
お客様は大笑いだったそうですが・・・・・。

e0155643_14553918.jpg

バンクーバー上空です。
どこから帰ってきても、どんなに曇っていても、
この景色が近づいてくるとほっとします!
[PR]
今日はまる忠、臨時休業。

女将も一日のんびりします。

クローゼットの整理などをしていたら、なつかしい制服 発見!
e0155643_14454135.jpg

今はなき、C航空の制服。
写真にはありませんが、スカートのうしろにはかわいいプリーツがあります。
今から10年ほど前に着用していたので、スカートはもう入らない・・・・・。
私も痩せてたのね。

この制服のあと、あまり好きではない緑色の制服の時代がありましたが
すでに処分してしまいました。

緑色は白人には合いますが、アジア人にはちょっとむずかしい色だと思います。
この時代の制服のベストが実は座席のシートカバー用の生地の再利用だと
いううわさ、個人的には本当だと思います・・。
ごわごわしていて、座っていると座席と同化してしまいそう。

最新の制服はこれ!
e0155643_14532861.jpg

やっぱり制服は紺がいいですね!
スタイルは悪くないと思いますが、生地の質は???
いや、贅沢はいえません・・・。

一番最初に着たC航空の制服が個人的には一番好きです!
生地も冬用、夏用と分かれていたし、カーディガンの他に
セーターを選ぶこともできたし、スカーフの生地も今より上等だったと
思います。

時々、空の仕事が終わってご飯を食べに制服をきたまま
まる忠に行くことがあります。

新しく入ってきたスタッフが私の姿をみて、

「女将さん、今日の格好、スチュワーデスさんみたい!

それを聞いた夫が一言

「そう、こいつ、コスプレが趣味やねん」
[PR]
今日はRemembrance Day.
まる忠は今日、火曜日が定休日で明日は特別、臨時休業です。

上空を飛ぶ飛行機を見上げると、羽衣を盗まれて天に帰れない
天女の気分。 (ウソです)

なつかしのフライトバッグの中を覗くと空の上、
ホテル生活での愛用品が・・。

今日は私が「フライトに持っていくもの」を紹介します!
e0155643_4451915.jpg

こちらは左側がOriginsのPeace of Mindです。(ハワイで購入)
これは頭がぼーっとした時などに首のうしろや耳たぶ、こめかみに
塗ってマッサージするもの。しゃきっっとするようなミントの香りです。
さらに店員さんに教えてもらったのですが、指に残ったこの香りを
深呼吸で何回か吸い込むと心が落ち着いてきます。
大きさも30mlなので機内持ち込みOKです。 オススメ!

右側は日本の無印良品で買ったフットバス用ソルト。
これを同じく無印でかった携帯用フットバスに入れて使います。
e0155643_453212.jpg

これは浮き輪のように空気を入れて膨らませて使います。
冷え症の私、寝る前に足を暖めるとよく眠れます。
足の疲れも取れますよ! 
e0155643_4553538.jpg

そして空気を抜けば、この通り。
e0155643_4594941.jpg

機内ではこちら。 ホットウォータータンク(湯たんぽ)です。 
中国のマーケットで1ドルで買ったので色と柄がちょっとね・・・。私たちが控えているGalleyは食べ物があるので冷蔵庫のように冷えています。
なのでこれにお湯をいれて膝の上に置いたりして寒さをしのぎます。
それでもつらい時はこちら。
e0155643_571374.jpg

蒸気温熱パワー、肌に貼るシートです。
腰痛でほんとにつらい時、これを腰に貼って乗務します。
ぽかぽかして気持ちいぃ~。

e0155643_5122532.jpg

こちら左側はロクシタンのシアバター。
以前は大きなチューブ入りのハンドクリームを持ち歩いてたのですが、
液体類機内持ち込み規制が厳しくなったので8mlの
小さな容器の物に変えました。
これは主に爪のまわりのキューティクルケア用です。
そして右側は同じくロクシタンの練り香水。バラの香りです。
きつい香りではないので、フライト中、休憩が終った後などに
気分転換に手首に少しつけたりします。(ちょっと優雅な気分に・・)

どちらも直径3センチ、高さ1センチの小さな容器なのでポケットに
入れて携帯もOKです。
e0155643_5192529.jpg

e0155643_5194466.jpg


他にはビタミンCのキャンディー、のど飴、インスタント味噌汁、スープ、
そして小さなヤカン(400ml用)です。

この他にもお気に入りの曲を入れたI Podや人によっては自分の枕を
持ち歩く人も。 (気持ち分かります)

以前はジム用シューズや水着なども入れてましたが、最近はもっぱら
部屋で読書派に。

長時間のフライトやホテル生活をなんとか快適にしようと
日々、便利アイテムを探す私。

何かいいもの、あったら教えてくださ~い!!
[PR]
帰りの飛行機は4時出発。
モールに居られるのは賞味4時間です。

空港でもらったマップを念入りに読み、行きたい店に
印をつける娘。

こちらのモールは確か北米で最も大きなショッピングモールです。
タクシーの運転手さんは

「僕は行くたびに迷子になるよ。
入った入り口をしっかり覚えておくんだよ。なんせ全部で99箇所の
出入り口があるんだから。」

と教えてくれました。 ほんとかどうかはわかりません。

注目すべきはBC州には入っていない、Abercrombie & Fitchや
Hollister Co.です。どちらも若い人に人気のブランドです。
(もちろん私には似合いません)

e0155643_5261032.jpg


オレンジのフーディーとスリムフィットのデニムです。

e0155643_5292494.jpg

ブーツも欲しかったもののひとつです。

e0155643_5284381.jpg

こちらはSephoraで買ったアイシャドウパレット。
このお店もBC州にもないと思います。

カナダにいながら、まるでアラモアナショッピングセンターのようです。

お昼ごはんを食べる時間を惜しみ、買物にあけくれる母娘。

いまごろ夫は焼肉屋 まる忠の仕込みに追われていると思うと、
(ほんのちょっとだけ)心が痛みます。

しかも今晩はまる忠で以前働いていたMちゃんと食事の予定。
(ほんのちょっとだけ)悪いな~なんて思います。

明日からはちゃんと女将修行に戻ります!

ということで、機内の様子はまた今度。
[PR]
娘を連れてエドモントンへ。

本日は[Take kids to work] とかいう日で
子供を親の仕事場に連れていくというプログラムです。

私は今、休職中。 しかし娘のどうしても行きたい!!
という願いを聞いて日帰りエドモントン旅行に行ってきました。

*航空会社に勤めていると飛行機に社員割引のパスを
  使って乗り放題です。 この特典のためだけに
  飛び続けるクルーも沢山います。


といってもエドモントンまで飛んでウエストエドモントンモールで
4時間ほどショッピングして帰ってくるだけ。

結構寝不足の母は娘に「行ったふりだけして
パークロイヤルショッピングモールに行くのはどう?って
聞いてみたけど、娘の顔が悲しそうに曇ったので行く事に決定。
いつも忙しくてあんまり構ってないし・・・。
e0155643_3422242.jpg
e0155643_3425544.jpg


見えますでしょうか? 搭乗案内の電光掲示板の出発時刻。
朝6時25分なんです・・・。 家を出るときは真っ暗でした。

2番目の写真はエドモントンに近づいて日が昇ってきたところです。

e0155643_3502237.jpg


エドモントンの空港からモールまでの景色です。
緑の多いバンクーバーとは違い、枯れ草の草原が続く道。

空港からモールまではタクシーで約60ドル、30分くらい。
またはシャトルバスで片道15ドルです。(エアラインディスカウントではなんと$6でした!)

行きはとりあえず急いでいたのでタクシーを利用しました。
車中、何枚か写真をとると二人とも眠ってしまい、いきなり
モールの中の写真です。
e0155643_3522849.jpg

このモールは確か北米(?)では一番大きいとか。
タクシーの運転手さんも「僕は行くたびに迷子になる」といってました。
そして「男性なら4時間、女性なら6時間くらいショッピングするのに必要」とのこと。
中には上のようなアイスリンク、下の写真の大きな波のでるプールも
あります。

e0155643_3524387.jpg


e0155643_35312.jpg


e0155643_3532540.jpg
e0155643_433697.jpg
e0155643_441549.jpg


そして遊園地にミニゴルフ、海賊船まであります。

とてもとても一回で紹介できる規模ではありません。

ということで中途はんぱですが、今日はここでおしまい。
次回に続きます。
機内の様子やショッピング戦利品などもご紹介します。
[PR]