国内線を飛ぶ客室乗務員の一日

今日はホームベースを離れてあのブラックホール、トロントにて
なんとか吸い込まれないようにフライトをこなす客室乗務員の
一日を書いてみます。              ↑私のこと

今回のフライトは3日間の予定で出発しました。

通常は同じベースの人と3日間一緒に同じスケジュールで飛びますが
今回の私のように一人で毎日違うベースのグループに 入って
飛ぶこともめずらしくありません。

今日はトロント空港を現地時間14時半に出発。
ハリファックスに向かいます。

グループで飛んでいればホテルのピックアップの時間なども
お互いに確認できますが、そう、私は一人なんです。

ホテルの人にシャトルバスの時間を確認して自分でピックアップ
の時間を計算します。(出発の1時間半前)

トロント空港はとても近代的で新しい空港です。
e0155643_124692.jpg

私以外はトロントベースの乗務員です。
その中に一人トロントベースの日本人の方が一緒でちょっと
安心。 やっぱり日本語が通じるのはうれしい!

私たちの場合、毎回違うクルーと飛びますので、初めて会った人
にもすぐ自己紹介をして協力して仕事ができるように
コミュニケーションをする努力はかかせません。

ハリファックスまでは2時間。
せっかく仲良くなったクルーとはお別れです。

彼らはホテルへ。
私は2時間後のフライトでまたトロントに戻ります。

ちょっと時間があるのでハリファックス空港をぶらぶら。
e0155643_1251795.jpg

ハリファックスにはまだ雪が残っています。

そしてハリファックスといえば、これです。
e0155643_1252297.jpg

ロブスター。 空港で買えるんですよ。 
もちろん生きてます! 
お値段はバンクーバーで買うより、ちょっとお得な感じです。

さて2本目のフライトもトロントベースのクルーと一緒。
そしてパイロットはモントリオール、ベースです。

機長にあいさつをすると、すかさず私の手をとって
キスをする真似をします。 笑
フレンチカナディアンの方はこういうこともスマートに決まります。

帰りは機内食をいただきました。
e0155643_12574188.jpg

メニューを見てないのでよくわかりませんが(笑) 魚のディッシュとサラダです。

朝は自分で持ってきたフルーツ、お昼はサンドイッチを食べました。

夫が作るまる忠のまかないが恋しいです!!(笑)

そして最後に私の泊まっているホテルの部屋がおもしろいのでご紹介します。

部屋には2つベッドがあるんですが・・・・
e0155643_1371173.jpg

なんと背中合わせなんです。
そしてそれぞれ壁にテレビがあるので、同じ部屋で違う向きに
寝て別々のテレビ番組が見られるようになってます。

今までこんなホテルの部屋はみたことないです。
まるで家庭内別居夫婦用?

もしかしてそのうち、他のクルーとホテルの部屋をシェアするように
なるのでは?なんてうわさも・・・。

さぁ、明日はモントリオール、そしてバンクーバーへ戻ります。
ホテルでの生活は楽だけど、やっぱり早く家に帰りたい!

いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ
[PR]
by maruchu-yakiniku | 2009-03-26 13:25 | 空の仕事 | Comments(4)
Commented by 寿美 at 2009-03-26 13:37 x
お疲れ様です。ひとりでカナダ中うろうろするのはちょっと心細いですよね。でもいろんなクルーと出会ったりとプラスもありますよね。

そこのお部屋、どこですか?始めてみる!夫婦や友達で泊まっても話題性がありますよね。
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-26 13:48
寿美さん
やっぱり寿美さんくらいシニアだと知らないんですね。笑
ここはトロントのエアポートホテルです。
一人だとちょっと心細いです。
まるで新人のように空港でもきょろきょろしちゃいます。笑
女将
Commented by 寿美 at 2009-03-26 14:39 x
え?え???エアポートホテル?あのコテージ???しょっちゅう泊まってますよ~(笑)

でもこのタイプのお部屋初めてみます!ゆっくりお休みなさい。
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-28 01:33
寿美さん
そうですよ~、あのコテージです。
実は私も初めて。
私は普通の配置の方が落ち着きます・・・
女将