客室乗務員ならこう使う!

2月が終わり、今日から3月。
私も明日から空の仕事に戻ります! 

さて今日は久しぶりに客室乗務員シリーズ!(そんなのいつ出来た?)

私たち乗務員に必要なもの・・・それは創意工夫。
なぜならば、一旦ドアが閉まったら密室の機内。
機内にあるものだけでお客様の全てのご要望に答えなければならないからです。

e0155643_2223613.jpg

これはわが社のビジネスクラスで配っているアメニティキットです。
中身は・・・
e0155643_2231948.jpg

リップバーム、足用スプレー、ハンドクリーム、アイマスク、耳栓、くつべら、靴下
歯磨きセットなどです。

実はこれらのアイテムに私たち乗務員は助けられることがしばしば。

例えばこれ。
e0155643_2264142.jpg

機内が明るすぎて眠れない、などのお客様からのクレームには
笑顔で 「どうぞこれをお使いください!」 と差し出します。

このアメニティキットはビジネスクラスのみで配られているため、エコノミークラス
のお客様はお持ちでない方がほとんどです。


そしてこれ。
e0155643_2292978.jpg

耳栓。
飛行中の機内はエンジン音ですでにうるさい上、となりの人のいびきが・・とか
泣いてる赤ちゃんが気になって・・・などのクレームに役立ちます。

ほとんどの日本人のお客様は持っていらっしゃいますが、たま~に
忘れてしまうのが・・・
e0155643_2312892.jpg

歯磨きセット。

アジアの航空会社ではエコノミークラスでも歯磨きセットを配っている
ところがあるそうです。


さて私が機内クレームで助けられたアイテムは実はこれです!
e0155643_2335675.jpg

靴下。日本で配っているスリッパの代わりです。
靴をぬいで、自分の靴下の上にこの靴下カバーみたいのをすっぽりかぶせます。
e0155643_2352487.jpg


それはもう10年ほど前のフライト。
確か台北からバンクーバーへ帰るフライトだったと記憶しています。

真夏の台北はとても暑くお客様が汗だくになってちょっと体臭が
きつくなることはよくあります。

しかしその方の足のにおいは前方の機内がその臭いで充満する位
強烈だったんです・・。

しかも靴を脱いでる~。

周りのお客様から次々にクレームが・・・・

「席を替えてくれ!」

「臭くて気分が悪くなった」

でもこの便は満席で席を替えてあげることも出来ません。

エコノミークラス担当の乗務員達が次々ギャレーに集まり、
ミーティングが始まりました。

「トイレで足を洗ってもらいましょうか?」

「それはちょっと無理じゃないですか?」

「タオルで拭いてもらいましょうか・・・」

「そうだ!!」

先輩乗務員がアメニティキットから靴下を取り出しました。

「これを履いてもらいましょ!
これでカバーすれば臭いがもれてこないわよ!」 

結局それが一番簡単だと話がまとまりますが・・・

一体、誰が、どのようにそのお客様に説明するのかが問題に。

一番下っ端の乗務員に先輩が言います。

「あなた!You! 中国語できるんでしょ!」

「NO! No! No! アイ アム ジャッパニーーズ!!」
と首をふる下っ端乗務員。(私)

結局、中堅のそして一番おとなしそうなカナダ人乗務員Cさんが
靴下を持って客室に。

その後、戻ってきたCさんに 「ねぇ、なんて言ったの?」

「あなたの足、くさいわよ。」 とか言ったの? と聞いたところ

「ううん、ただ このソックスどうぞって言っただけ。」

日本航空の客室乗務員が 足が臭うお客様に向かって

「お客様、おみ足がくそうございます」 って

言葉は丁寧だけどはっきりきっぱり言った話を聞いたことがありますが、
以外にもカナダ人のほうがこんな場合、言えないのかもしれないですね。

結局そのお客様が渡されたソックスを素直に履いてくださったので
その後においも収まってきて(みんなの鼻がにおいになれちゃった?)
事なきを得ました。

そんな訳でこのアメニティキット、ビジネスクラスのお客様が普通に使用される
以外にもこんな風に 「ミーティングの結果」 使用されることもあるんです。

⬇をクリックしてこのブログを応援してください!

北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

↓ フェイスブックでもローフード情報をアップしています。
  「いいね!」を押していただけるとうれしいです。
https://www.facebook.com/FountainOfAmrita?ref=hl
[PR]
by maruchu-yakiniku | 2009-03-02 03:19 | 空の仕事 | Comments(12)
Commented by カバン持ち at 2009-03-02 11:01 x
こんにちは♪
面白いっ!女将さんに座布団一枚!
女将さんを知っているだけに、楚々としたイメージとのギャップがあって・・より一層、面白いです。笑
そうですよね、機内でそういった人命には関わらないけれども
やっかいなトラブル・・対処策のマニュアルって無いのでしょうか?
また色々面白い話、聞かせてくださいね。^^
Commented by Sumi at 2009-03-02 11:22 x
私もそのキットにお世話になりました。機内用の靴をなんと忘れてしまい、「いいや!どうせ機内、暗いし、、、」その日はギャレーを担当し、ぜったい、ぜったいカーテンのむこうまで出ませんでした!
Commented by hiroholm at 2009-03-02 14:03
ほんと、笑えました(^0^)
でも大変ですよね。言い方もあるしねぇ。
ちょっと気のきく人なら、これどうぞ!!でわかるかもしれませんが
そうでない人もいるでしょうしね。

夏にバンクーバー~ダラス行きでちょうど窓際のドアのところに座って、その時に限って靴下をはいてなかったんです。そしたら足の先だけ4時間ず~~~っと凍るような寒さでいろんなものでカバーしてもまだ寒くて
泣きそうだったのを覚えてます。(;;)

このアメニティーセット旦那が持って帰ってきてくれて、日本に帰るときに使わせてもらいました。
Commented by Julianna at 2009-03-03 02:22 x
ビジネス乗ったことがないので、いつも羨ましく思っています。確か、歯ブラシセットはJ社さんはありますね。飛行機に乗るたびにいつもビクビクするんですよ!お隣さんがどんな人か。。。コレによってフライトの良し悪し決まりますからね(苦笑)体臭はキツイです。。。

今日からお仕事なんですね。どこに飛ぶのかな?フライト日記も楽しみにしています。
Commented by m@ple at 2009-03-03 05:48 x
女将さん、こんにちわ。
体臭のニオイは我慢できないものがありますよね。
私が高校の時、数学の先生のワキが異常に臭う方で(ちょっと丁寧)、
窒息してしまうほどだったんです。夏なんか・・想像しないほうがいいです。先生が手を挙げると、たまらなかったです。
私は一時的なのもでしたが、飛行機は何時間も密室状態ですよね。
対処の仕方って、難しいですね(思わず、笑ってしまいましたが)。
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-03 10:25
カバン持ち様
ざぶとん、ありがとうございます!!
カバン持ちさんから座布団がもらえるなんて光栄です!!
安全にかかわる事はマニュアルがしっかりありますが、ちょっとしたクレームの処理はその便のパーサーの力量による事が多いです。
フライト中のおもしろい話、また思い出したら書きますね!
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-03 10:27
Sumiさん

そういう面白い話はE-mailにてお知らせください!(笑)
ブログに使わせてもらいま~す!
実は私も靴下を忘れてレーオーバーの時にこの靴下を
履いたことがあります・・・。
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-03 10:31
Hiroholmさま
そうなんです! 窓際のドアのところ、すっごく寒いんですよね。
私は寒がりで窓際でなくても寒いと感じるのでいつも機内では
私服も長袖でしっかり靴下を履いてます。
そしてお客さんとして乗るときは、臭わないように気をつけてます。 笑
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-03 10:33
Juliannaさん
今日はウィニペグに行ってきました!
片道2時間ちょっとなのであっという間でした。
密室のにおいは本当にきついですよね。
体臭もいやですが、実は香水も困り者。
ヨーロッパ人のクルーが目の前でシュッシュッてつけてると結構くらくらきちゃいます・・・・。
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-03-03 10:35
M@pleさん
足じゃなくてワキもきついですよね~。
実はワキの臭いの話もあります。(笑)
今度書きます。
女将
Commented by たくちゃん at 2009-10-13 19:41 x
先日からこのブログで楽しませて頂いています。日航ではなくて、全日空のスチュワーデスがこの台詞を言って、毛布で乗客の足をくるんだんですよね。伝説のスッチーで読みました。
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-10-15 10:14
たくちゃんへ
ブログを読んでくださってありがとうございます。
日航ではなくて全日空の方だったのですね。
日本の方でここまで思いきったことができるなんて!
すごいっ!
女将