エドモントンのおまけ

今日はずっと先延ばしのしていたエドモントン旅行のおまけ。

本当は今日、友人とランチに行ったので
その話題をと思っていたのですが、カメラの電池がなくなって
いて写真をとることが出来ませんでした・・・。 (残念)

その代わりに先日の旅行の時に撮った写真を紹介します!
e0155643_14185154.jpg

これは帰りの飛行機エアバス319型機の座席についている個人用モニター。

他の航空会社ではすでに普通になっている個人用モニター。
エアカナダでは最近普及してきました・・。
そしてまだついてない機種もあります。

個別に映画が見られるのは良いのですが、説明がすべて英語なのと
日本語の吹き替えがある映画が限られているので
英語のわからないお客様には使いづらいのでは?

更に画面を何度も触っていると、画面が固まるフリーズ状態に
なってしまうこともよくあります・・・。
そんな時は乗務員に頼むとリセットしてくれます!
e0155643_1426347.jpg

座席に着いたら、まずは「安全のしおり」を確認します。 (一応)
いろいろ書かれてますが、とりあえず非常口の確認は最低限して
おきましょう!!
e0155643_14301025.jpg

よ~く、見ていただくと分かると思いますが、緊急着陸と着水では
脱出口が異なります。
陸の場合はどの非常口から脱出しても構いませんが(もちろん場合による)
海などの場合はラフト(ボート)のついている非常口から出ないと
写真のつばさの上にいる人達のように自力でボートまで泳がなければ
なりません。 (たとえ泳ぎに自信があってもいやですよね)
e0155643_144036.jpg

そしてこちらが窓型非常口。翼の上の出られます。
緊急時には近くに座っているお客様に開けていただくことに
なっています。もちろんフライト前に「いつ、どうやって」開けるかを
説明します。

e0155643_14322958.jpg

こちらは救命胴衣の説明。

現在はほとんど全ての機種においてビデオにて説明をしていますが、
たまにビデオの故障の場合、乗務員がライブデモをすることが
あります。

昔は新人が入ってくるとデモ用の救命胴衣を本物とすり替えて
お客様の前で膨らませてしまうというようなイタズラがあったそうです。

私の友人がされたイタズラはデモ用(大人用)の救命胴衣が赤ちゃん用に
替わっていたというもの。
デモの最中に頭からかぶろうとしたら頭が入らない・・・・。
あせって頭に押し付けたり、引っ張っても入らない・・・。
お客様は大笑いだったそうですが・・・・・。

e0155643_14553918.jpg

バンクーバー上空です。
どこから帰ってきても、どんなに曇っていても、
この景色が近づいてくるとほっとします!
[PR]
by maruchu-yakiniku | 2008-11-15 15:00 | 空の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maruchubbq.exblog.jp/tb/8981444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード