とても優しいトルコ人

イスタンブール市内はトラム(街を走る小さな電車)で移動しました。

トルコ初めての3人組。実はこれがとっても面白い組み合わせでスリランカ出身のTさん(ウィッキーさんみたいな感じ)とフランス系白人のNちゃんとアジア人の私。

3人でいるとみんな不思議そうにみます。 確かになんか共通点のない3人です。(笑)

トラムの切符の買い方がわからずに販売機の前であれこれ話あっていると、一人のトルコ人のおじさんが近づいて来てカードを買うといいよ!と教えてくれました。

それでもどうする〜?と決められないでいると、、

なんとそのおじさんが自分の20リラ(1400円くらい)をいれてカードを買ってくれたのです。

え?? 

実は私達3人とも他のクルーからトルコ人にだまされてはいけない!!
お金をすられたり、無理矢理じゅうたんを買わされそうになるから注意しろ!!とさんざん脅かされていたので何か下心でもあるのかと思ったくらいなんです。

それなのにそのトルコ人のおじさんはこれで乗りなさい、と観光客の私達に使い方を親切に教えてカードをプレゼントしてくれたのです。

3人ともちょっと疑ったのをすごく恥じて、本来人間てこういうものだよねーとしみじみ話をしました。

知らない国にきてその国の人に親切にしてもらうと本当にありがたく、その国が大好きになります!!

私達もいっぺんにトルコの人が好きになったし、トルコという国も大好きになりました。

そのカードを使って旧市街のブルーモスクやアヤソフィアに行って、その後にエジピシャンバザール、通称スパイスマーケットに行きました。

こちらはグランドバザールよりも地元の人がくるようなところでこじんまりしています。

スパイス、お茶、トルコの名物、パシュミナ、ターキッシュディライトという砂糖菓子など店先に並んでいます。

パシュミナはカナダドルで75ドルほどだすととーっても質の良いものが買えます!!

私はこちらでトルコ産のバラのオイルを購入。バラといえばブルガリアが有名ですがここトルコにもバラの産地があってあの有名なドイツのオーガニック精油の会社もトルコのバラのオイルを契約して購入しているそうです。

カナダでは5ミリで130ドルくらいするこのローズオットー(バラの精油)。ここではかなりお得なお値段です。製造しているバラ畑を持つ会社を見つけたので次回、仕入れの商談ができれば!!と一気に盛り上がりました♪


道を歩いていると焼き栗やコーンの出店が至る所にりあります。
e0155643_6344814.jpg


こちらが有名な砂糖菓子のターキッシュディライト。
試食も沢山させてくれます。
私は今回は買わなかったのですが、次回は買ってみようかなー。ナッツやピスタチオが入っているものがお薦めです。

e0155643_6352783.jpg


あと次回買おうか迷っているのがサフラン。イラン産だそうです。

二月にもまたイスタンブールに行く予定なので今回はあまり買物せず下見のみ。
次回がとっても楽しみです。

この後、まだ続きますが、今日はこの辺で。

ブログランキングに参加しています⬇をクリックしてこのブログを応援してください!

北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

↓ フェイスブックでもローフード情報をアップしています。
  「いいね!」を押していただけるとうれしいです。
https://www.facebook.com/rawrawmarket?ref=hl?ref=hl
[PR]
by maruchu-yakiniku | 2015-02-01 06:33 | 空の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maruchubbq.exblog.jp/tb/22772139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード