客室乗務員の上下関係

客室乗務員といえば、女の園。

北米では女性ばかりでなく男性、そして中性の方も
多いので女の園ではありませんが・・・

私の日本の友人(航空会社勤務の同業)から聞かれたことが
あります。

「やっぱりカナダでもいじめとかあるの?」

彼女が新人のころはお化粧の仕方が悪いとか、泣くなら
降りてちょうだい!とか(無理ですよね) 結構きつい
ことも言われたらしい・・。

昨日、入社試験について書いたC航空の時代には先輩、
後輩のけじめがきっちりしていて、いじめはないけれど
先輩にはかなり気を使った思い出があります。

C航空時代はホテルのチェックインや働くポジションを
決めるのもすべて先輩から。

もちろんアナウンスや免税品の販売などの役目はジュニアが
買ってでたものです。

実はトレーニングフライトで初めて日本便に乗務したとき、
私は大失敗をしています・・・。

緊張のあまり、まわりが全く見えていなかった私は先輩方に
あいさつをするのをすっかり忘れていたのです。

その時、ある先輩がそっと 

「自己紹介をしてあいさつをすることは大事ですよ」 と

注意して下さったのです。

その時には恥ずかしくって落ち込んでしまいましたが、
あの時、ご注意をいただいたことを今ではとても感謝しています。

大人になると注意をしてもらう機会って本当に減ります。
誰もわざわざそういうことを言ってはくれないんですよね。

私自身もお店の若いスタッフに教えてあげたい気持ちから
注意して逆に言い返されてがっくりきたことが何回かあります。

今、ブログに書きながらC航空時代を思い出してみると
そんな風にきちんと注意してくださる先輩が多かったように
思います。

私の不慣れな機内アナウンスを聞いて

「今のアナウンス、ちょっとおかしいわね。」 とご注意をいただいた
こともあります。

でも陰で言うのではなく、私に直接そう言ってきちんと
教えてくださるんですね。

それからは機内アナウンスの言い方がわからない時は
こういう時は何て言ったらいいですか?といつでも
その先輩を慕って教えていただいてました。

新人のころはとにかく仕事が出来なかったし
ちょっとしたことに傷つくことも多かったのですが、
今、振り返ってみるといじめというのはなかったですね。

そして 「化粧がおかしい」とか「泣くなら降りなさいよ!」
といった類の言葉ももちろん聞いたことがありません。

ひとつだけ、今でも忘れないのは・・・

カナダ人の先輩が日本茶を中国茶のような淹れ方をして
いるので、それは違うと言って正しい淹れ方をして
見せたことがあります。

その先輩は笑顔で一言 「ありがとう」 と言って
私の淹れたお茶をその場で捨ててました・・。

たぶん、仕事も満足に出来ない新人のくせに自分のほうが
正しいという態度で言った私に対していい気分がしなかった
のでしょう・・。

でもこれも後になって、正しいからってそれを押し付けるのは
決して良いことではないんだなぁ、と勉強になりました。

こうやって考えると、シニア(先輩がた)の多いわが会社。

ありがたいことなんだ、と思えてきます。(笑)

今はA社になってさらに先輩、後輩という関係はなくなって
きています。

皆が仲良し、皆が友達という雰囲気でとても仕事はしやすいですが、
根が体育会系日本人の私・・。

厳しく接してくれる先輩のこと、決して嫌いではありません。(笑)
今ではあの時代の頃をちょっぴり懐かしく思ったりしています。

人気ブログランキングへ
毎日一回クリックして頂けると励みになります!
[PR]
by maruchu-yakiniku | 2009-04-12 11:32 | 空の仕事 | Comments(10)
Commented by Julianna at 2009-04-12 11:59 x
やっぱり北米の会社でも・・・多少はあるんですね(苦笑)日系は確かに結構あるようです。友人からたまにストレス解消がてら聞いていました。客室乗務員に限らず、日本ではよくあることですから頑張りたいと思っています!!!おしごとのお話、私のようなモノにとってすごーーーくためになります。
同じカナダの会社でも先輩後輩の関係は違うんですね。
Commented by 寿美 at 2009-04-12 14:01 x
そうですね、ちゃんと教えてくれてる先輩はいまはあまりいませんね。勤務年数が長くても短くてもみんなの態度はあまりかわりはないのは新入社員でも(私みたいに)ほかに仕事経験があるタイプもいるので一筋縄ではいきませんね。私も体育界系なのかな?やはりきっぱりと悪いところを指摘してくださる同僚がありがたいです。
Commented by うーろんろん at 2009-04-12 14:45 x
わーっ!これもまた懐かしいお話。
カナダでもあるんですね、意外でした。
私がいたところは…お察しの通りです(笑)
Commented by はるぱんだ at 2009-04-12 19:53 x
女の園っていうのは、ほんと、難しい世界です
私の場合は、基本お客様をお相手するときは一人ですが、出張などで先輩や後輩と一緒になることもあるのですけど、いろいろとしきたりがあってそれをこなすのに精一杯だった記憶があります。

他にもいろいろな仕事をしましたが、やっぱり教えてくれる人がいるっていうことはいいことですね。
Commented by m@ple at 2009-04-13 00:42 x
女将さん、こんにちわ。ご無沙汰しています。
私が働いていた職場も「女の園」でした(^^ゞ。
先輩に怒られたこと、そりゃぁもう、たくさんたくさんありました。
でも、落ち込んでいると「一緒に飲みに行こう!」と連れて行ってくれたりして、励ましてくれました。
「オン」と「オフ」を使い分けている先輩を尊敬していました。
今思えば私はそんな先輩と出会ってラッキーだったんですね 笑。
自分が先輩という立場に立った時、後輩に教えるということの難しさを知り、改めて先輩の大切さを痛感しました。
大人になって、教えてくれる人がいるのは有り難いですし、大切にしないといけないですね。
(注意されたときは「いーっ!!」となることもありますが 笑)
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-04-13 04:39
Juiannaさん
そうですね、同じ業種でも会社によってカラーが
かなり違うので最初はびっくりしました。
でもどんな仕事も人間関係のストレスはあるので
あまり気にしないのが一番ですよね。
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-04-13 04:41
寿美さん
大人になっても恥ずかしいことをしてしまう
恥ずかしい私には教えてくれる先輩が本当に
ありがたいです。 逆に友達だと言いにくいこと
多いですものね。 と、いうわけで寿美さんも
私に遠慮なくいろいろ教えてくださいね!
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-04-13 04:42
うーろんろんさん
日本の航空会社は本当に厳しいでしょ?
しかも女性ばかりだから、大変ですよね。
こちらでは男性も多いし、中間の方(笑)も
いてクッションになってる感じがします。
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-04-13 04:43
はるぱんださん
はるぱんださんの業種にもいろいろしきたりが
あるんですね。
どんなのですか? 気になります。(笑)
女将
Commented by maruchu-yakiniku at 2009-04-13 04:45
M@pleさん
お久しぶりです。
イースターの週末、ご家族と楽しまれていますか?
そうなんです。自分が先輩とか教える立場になったとき、
先輩に大変さがわかりますよね。
私も女将になって注意する時、すごーく考えてから
言うんですが、わかってもらえないときもあります・・。
なので自分は教えてもらったときは素直に
お礼をいうようにしてま~す。
女将